食品安全

日本

2018年6月13日、食品衛生法が改正され、国内でもHACCPが適用されることになりました。2年、あるいは遵守するまで3年でHACCPにもとづいた食品安全に取り組む必要がございます。日本の場合、HACCPという概念は教えてもらわないと理解が難しいため、専門家に依頼する方が結果として早く正しいHACCPを理解しポイントを押さえたHACCP計画及び実施されるでしょう。すでに国内でもHACCPに準じた食品安全に取り組んでいないと商談の席につけなくなりつつあります。HACCPを導入し実施するには時間がかかりますので、少しでも早く対応されることをお勧め致します。

米国

2011年1月、米国食品安全強化法(FSMA)が施行され、2018年9月、全ての食品製造・加工会社が新規則に基づいた食品製造が義務付けられました。FSMA103条の連邦規則21CFR117では食品安全計画の作成が義務付けられました。食品安全計画は未然予防有資格者(Preventive Control Qualified Individual (PCQI))により策定されなければならず、PCQIという資格を要します。

その他